loading

NEWS ニュース

Topic

981自動車・自転車研究所

浦和興産のTです。

 

昨年9月に、981自動車・自転車研究所を社内で立ちあげました。

 

自動車や自転車を通して、お客様の業界を一歩踏み込んで知る事は勿論、今まで経験したことのない事への挑戦を通し、『PDCA』の運用を通し、マネージメントを学ぶ事も出来ます。

 

又、日常では体験できないような事への挑戦を通し、私たちの知識や見識が広がればと思っております。

 

現在、お客様からの紹介で『N-ONE OWNER’S CUP』への参戦を視野に、メンテナンスできる場所を確保し、自分たちで車作りからレースへの参加を予定しております。

 

 

 

 

レースの概要を少し説明いたします。

 

N-ONE OWNER’S CUPは2014年からスタートし、HONDAの軽自動車『N-ONE』によるナンバー付きワンメイクスのレースとなります。

 

開催される会場は2022年ですと、北は北海道の十勝スピードウェイ、南は大分のオートポリスと、国内8か所のサーキットが舞台となります。

 

2022年は16戦が組まれており、前年の戦績、今シーズンの戦績により参戦できるレースが選べる仕組みです。

 

参加者が多く人気の高いイベントとなっており、主催者のアイディアが生かされ初心者でも気軽にレースを楽しめる工夫が沢山仕掛けられたイベントとなります。

 

今年から私たちも参戦するために、予算取りや車両、部品の確保、整備できる場所と最低限の機材の確保など、着々と準備を進めています。

 

現在デビューレースを6月12日、茨城県の筑波サーキットを目標に車作りを始めました。

 

ノーマルのシートを取外しました。

 

当社のメカニックがレース用のシートを組み立てます。

 

 

 

 

 

何とか運転席に収まりました。

 

 

 

 

シートがセットされるだけで、レース車両の雰囲気が増します。

 

 

 

 

基本はナンバーの付いたN-ONEを使いますから、サーキット走行時にドラーバーを守る安全装置、ブレーキパットや足回りの交換等、車両規定に従い車を作って行きます。

 

今後の活動もインスタグラムで定期的に発信して行きます。そちらの方もぜひご覧ください。

二十四節気「小満」

joy耐で総合優勝を飾りました

高崎駅と伊香保軌道線

1952年高崎で母と父の初デート。伊香保軌道線・高崎線を訪ねる。

山田うどん リニューアル

ビチクレッタ・ホッタの自転車工房

Blog