loading

NEWS ニュース

Topic

童心に返る夏休み

今年の夏は、「海の日」と「スポーツの日」が重なり、少し早い夏休みが到来しました。

一足早くバカンス気分の子供たちも一緒に、夏を満喫します。

 

さて、夏休みといえば何を連想しますか?

スイカ割り。

花火。

お祭り。

屋台。

高校野球。

そして虫取り。

さらにオリンピック。

ワクワクする行事が目白押しですね!

 

私はこの連休中に、久しぶりに虫取りに熱中しました。

 

 

セミ

 

 

スイッチョやトンボに蝶々、カマキリにセミなど、小さいころに夢中になって追いかけた昆虫たちは、今でも心を躍らせるようです。

私の子供たちも、汗だくになりながら庭を駆け回り、網を振り回し、一喜一憂する姿は、親になった喜びを感じさせてくれました。

 

そして、今年の夏を熱くさせるのはオリンピックです。

ついついテレビのリモコンを探し、チャンネルを合わせてしまいます。

中でも興味をそそられたのは、スケートボードです。

なんと日本人の堀米くんは世界でも有数なボーダーで、金メダル候補の一人として紹介されていました。

 

 

スケートボード、オリンピック
(via: Number Web)

 

 

スケートボードは、小さいころに近所への移動手段でしたが、競技として、オリンピック種目になるとは。

そんなことを思いながら見ていると、飛んだり、跳ねたり、回したり。

ボードが足に吸い付くように踊ります。

こんなに手足のように動かせるものなのか、と感心して見ていたら、見事に堀米君が金メダルを獲得しました。

 

 

東京オリンピック、スケートボード優勝
(via: 毎日新聞)

 

 

普段見ている野球やサッカー、テニスは勿論楽しいですが、新しいスポーツの魅力を見つけ出せるのもオリンピックの面白さですね。

 

ど素人の私が言うのもなんですが、是非堀米君のスケートボード、見てください。

 

過行く夏 ~畑~

二十四節気「秋分」

ボーくんがやって来て4か月

二十四節気「白露」

ビチクレッタ・ホッタの自転車工房

Blog