loading

NEWS ニュース

Topic

二十四節気「冬至」

冬至は1年で最も日が短い時。

また翌日から日が長くなっていくことから

冬至を太陽が生まれ変わる日ととらえ、

この日を境に再び力が甦ると考えられてきました。

縁起物の「熊手」で運を集め良い年を迎えたいですね!!

 

二十四節気「春分」

秩父の空気を吸いに

スプロケット変えてみた

曲げわっぱの弁当箱

おじさん、自炊する

ビチクレッタ・ホッタの自転車工房

Blog