loading

NEWS ニュース

Topic

全日本ロードレース選手権第6戦 in 九州 レースレポート

📍大分県 オートポリス(2023.09.02/03)

 

 

レースウィーク

 

 

金曜日 ART走行

土曜日 予選

日曜日 決勝

 

 

 

 

金曜日のART走行では総合3番手で終えました。

自分的にはかなりマシンも煮詰まっていました。

フロントタイヤが著しく荒れていたのが、金曜日に改善されてきていました。公開テストからずっと気になっていたことなので、レースに向けてすごくポジティブでした。

 

不安要素は後半セクターの走らせ方がこの時まだ自分の走りとして納得できていませんでした。

 

 

予選 20min

 

 

 

これまで全日本の予選は各コース30間のタイムアタックで、行われていましたが、オートポリスだけ20分の予選時間でした。

今回も前戦の筑波戦と同じく早いタイミングでアタックをかけました。

自己ベストでトップに付けていた。

このタイムでキープし、レース後半に向けたセットアップに振った。

 

予選後半にアタックをかけてくるライダーが多いのでタイムは更新され、4番手で予選を終えました。想定内でした。

それより、決勝に向けてより良いマシンを作りたかったからです。

これならレース後半も戦える。そう思いました。

 

 

決勝 14 Laps

 

オートポリス 第2ヘアピン

 

 

4番グリッドからスタート。

スタートは遅れ、オープニングラップは6番手まで後退。

 

徐々にパスし、中盤~終盤にはトップ3台パックになりました。ペースはゼッケン4番彌榮郡が持っていて郡のペースが速く、自分を含めた3台での優勝争いになりました。

 

常に最終ラップのことを考えていましたがなかなか優勝まで届きそうな方法が見つからずラスト2週から2番手でラストラップは必ず2番手で迎えようと考えていました。

 

運も少しあり、2番手で付けれましたがそのラストラップに第2ヘアピンでねじ込まれ3番手に後退しました。

 

すぐ真後ろに7番若松令もいたのでリスクはありましたが最終コーナーまで1つでも前を狙っていました。

 

届きませんでしたが3位で終えることができました。

 

 

 

 

前2戦ノーポイントで終えていたので、走ったことのないここ九州のオートポリスで表彰台に乗れたことは次の岡山に良い状態で迎えられるので、良かったです。

 

今回も浦和興産様、社員の皆さま、スポンサー各社様ご声援ありがとうございました。

次戦は9月23,24日岡山国際サーキットにて、第7戦です!

 

 

Links:

 

Instagram: @syuu.27_

Twitter: @syuu53902221

 

「新プロジェクトX ~挑戦者たち~」勉強会part.1

2024全日本ロードレース 開幕戦 in もてぎ – レースレポート

浦和文庫よりお知らせ

浦和じゃがいもの会

EXTERNAL BLOGS