loading

NEWS ニュース

Topic

二十四節気「白露」

月が綺麗な季節です。日本では「月うさぎ」がポピュラーですが、

由来となったお話しをご存知ですか?

 

 

今は昔、うさぎ、キツネ、サルが暮らしておりました。

ある日、食べ物を乞う老人と出会い、各々が食べ物を探しましたが、

うさぎだけが何も用意できず、悩んだ末に「私を食べて下さい」

と火の中に飛び込み、自身を捧げました。

この老人は実は帝釈天という神様で、うさぎの行いを讃え、哀れみ、

月の中に甦らせ、食べ物に困らないよう餅を与えました。

 

 

今年は月うさぎに思いをはせながら、

十五夜・中秋の名月を楽しんでみて下さい…。

 

「新プロジェクトX ~挑戦者たち~」勉強会part.1

2024全日本ロードレース 開幕戦 in もてぎ – レースレポート

浦和文庫よりお知らせ

浦和じゃがいもの会

EXTERNAL BLOGS