loading

NEWS ニュース

Topic

幕府への忠節心

「会津松平家というのは、ほんのかりそめな恋から出発している」

司馬遼太郎の小説「王城の護衛者」に出てくる冒頭の一文です。

会津藩は、関ヶ原の戦いのきっかけともいえる家康の上杉征伐や、戊辰戦争の悲劇の舞台にもなった地。また、大河ドラマ「八重の桜」でも描かれています。

その会津藩の初代藩主・保科正之は、徳川家康の息子で2代将軍・秀忠が生涯で唯一「お手付き」をした侍女との間に生まれました。

優れた人間性と強力なリーダーシップを併せもち、生涯徳川に忠義を尽くしながら会津藩主として「会津家訓十五箇条」を定め、藩政の基礎を確立しました。

昨日始まった勉強会の題材「八重の桜」は、そんな保科正之の作った会津の藩風や精神が、新島八重という1人の女性を軸に描かれています。

😉 Y.K

 

浦和文庫よりお知らせ

浦和じゃがいもの会

会津ファンクラブ会員

花桃の郷

EXTERNAL BLOGS