loading

NEWS ニュース

Topic

東京エンデューロ!

 

春直前の3月10日、毎年恒例の東京エンデューロに参加しました。

 

会場は会社にもほど近い道満公園。

彩湖の周りを周回するコースとなります。

 

 

 

 

 

これは自転車のいわゆる耐久レースで、4時間かけて走った距離を競います。

チーム戦となりますが、チームのメンバーが一緒に走るのではなく、交替制です。どんな順番で何回交替してもいいので、タスキ(実際には足に付けるアンクルバンド)をつないで4時間先のゴールの時刻を目指します。

 

今回はエースのノザワ、若手のコヤマ、初参加の又蔵、そして代表自らが走る4名1チームでの参加となります。

奇しくも30代・40代・50代・60代から1名ずつの年代混成チームとなりました。

 

7時集合としましたが、会場はすでに大勢の人であふれています。

エンデューロには男女合わせて433チームが出走したようです。

 

自転車のパーツ等を売る屋台も出て、賑わっています。

 

 

 

 

4時間耐久の前には個人タイムトライアルも行なわれるのですが、すごいスピードでロードレーサーがコースを駆け抜けていきます。

 

出場に制限はなく、規程ではママチャリでも参加できることになっているのですが、みんな”ガチ”の人が多いようです。自慢の愛車にそろいのサイクルジャージで臨んでいます。

浦和興産も勝負には熱くなる社風ですから、1周でも多く走るべく気合を入れていきます。

 

午前10時、スタートしました。

この日は風が強く気温がなかなか上がってきません。

前日の雨で水たまりが残り、ややバッドコンディションです。

 

 

浦和興産チームのトップバッターはエースのノザワ選手。

ローリングスタートからじりじりと前を狙っていきます。

 

しかし、ここでいきなりのアクシデント。

 

後方から他の自転車に追突され、ノザワ選手が落車してしまいます。

自分のせいではないのですが、競技中の落車は初めてということだったので、身体も痛いですが気持ちとしても痛恨の思いのようです。

 

しかしここからが浦和興産のチームワークの見せどころです。

即座にコヤマ選手がアップに入りスムーズに交替、6周のロングライドに入ります。

周りもラップタイムを計測しながらコース脇から選手に情報を伝えていきます。

 

3番手は代表。

さすがはアスリートということで、年齢を全く感じさせない走りです。

どころか、周回ごとにラップタイムを縮めてきます。

 

4番手は又蔵。

自転車通勤の脚力を活かして、初めてながら着実につなぎの役割を果たします。

 

そしてベースで回復を図っていたノザワ選手が再度登場。

「走っていたほうが痛みが治まる」と謎のセリフを残し、なんとこの日のベストラップを叩き出します。

 

最後はコヤマ選手。

今までの平均ラップを上回る速度で回らないと1周分記録が変わってしまうという状況でしたが、気合の走りで見事目標をクリアしました。

 

 

結果は26周、男子の部では167位、平均速度32.7km/hという成績でした。

自分達のなかではドラマもあって盛り上がり、また過去最高周回ということで満足のいく内容でした。

いろいろ改善すべき点も見つかったので、今後はさらに上を目指していきたいと思います。

 

この大会、もちろん走るほうは爽快感があって楽しいのですが、応援するほうもコースが近いので迫力があって応援し甲斐があり、盛り上がります。テントや食料を持ち込んで快適に観戦することもできます。

来年はぜひ皆様も応援または選手として参加してみてください。

 

お昼探検隊!「TIKAL」

プライベートの充実を図るため の環境

49期のスローガンが決まりました!

お昼探検隊!「愛知家」

ビチクレッタ・ホッタの自転車工房

Blog